サイト内検索
 
 
外国人技能実習生制度の活用をお勧めします!
 
健康クラブ会員募集中! ズバリ!お得な情報満載 今すぐこちらをクリック!!
 
 
健康COOPに出店してみませんか? 出店ご希望の方 詳しくはこちらをクリック!
 

健康ニュース

覚せい剤・有機溶剤・大麻などの薬物の乱用は、依存や中毒を引き起こします。依存が形成されると、意志だけでは薬物使用を止めることができません

1. ごく身近にある薬物問題

『薬物乱用』は世界の多くの国々で大きな問題となっており、それによって引き起こされる社会的問題や健康問題はきわめて深刻です。国内では受刑者の4人に1人は覚せい剤事犯で、規制薬物使用歴のある人は全国民の2.5%、薬物乱用による医療費コストは年間2,000億円以上と推定されています。

2. 乱用・依存・中毒とは

薬物の『乱用』とは、覚せい剤・有機溶剤・大麻などの規制薬物の使用や、本来の目的や方法から逸脱した医薬品の使用をさします。乱用を繰り返した結果『依存』が生じます。『依存』とは、もはや意志により薬物使用をコントロールできない状態のことで、『精神依存』と『身体依存』というふたつの側面があります。
『精神依存』はすべての依存性薬物が引き起こすもので、薬物による「快感」を求める心理的欲求をさします。これが依存の本質です。麻薬(ヘロイン・モルヒネなど)やアルコールなどの中枢神経抑制薬は「身体依存」も同時に引き起こし、耐性や急激な減量・断薬による離脱症状(禁断症状)がみられます。

『依存』に基づいて『乱用』を続けることにより『中毒』症状が出現します。 急性中毒では「パニック」「意識や知覚の障害」ときには昏睡状態から死に至ることもあります。慢性中毒としては「幻覚・妄想状態を中心とする精神病性障害」「認知障害」「人格変化」などのほか、種々の臓器障害があります。薬物乱用の中断後も長期にわたって慢性中毒症状が続くことも少なくありません。したがって薬物乱用の問題は、薬物を使っている時期に限られるものではないのです。

4. 薬物問題が身近に起こったら

依存に至っていない規制薬物『乱用』の初期の場合は、取り締まりの対象となるのが一般的です。乱用を繰り返している場合は、すでに『依存』の可能性が高いので適切な医療や回復支援が必要となります。
まずはご家族や周囲の方が、相談機関を訪れてみることが、本人及び家族の回復の第一歩となります。都道府県・政令市の精神保健福祉センターや地域の保健所には薬物問題の相談窓口があり、個別相談や家族教室などを実施しています。
家族会では、同じような経験をもつ家族から学ぶことができます。本人に断薬の意志があるなら、民間のリハビリ施設(ダルク)や自助グループ(NAなど)が有効なことがあります。また薬物による精神・身体症状(「中毒」症状)が出現している場合には、専門医療機関での治療が必要です。いずれにしても薬物依存の問題に対しては、家族が抱え込まずに、専門機関の支援を受けながら、多くの関係者が長期的に関わっていくことが大切です。

厚生労働省ホームページより

© CopyLight 2009 - 2017 Hlb.coop All Rights Reserved.

このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度 組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました。