サイト内検索
 
 
外国人技能実習生制度の活用をお勧めします!
 
健康クラブ会員募集中! ズバリ!お得な情報満載 今すぐこちらをクリック!!
 
 
健康COOPに出店してみませんか? 出店ご希望の方 詳しくはこちらをクリック!
 

健康ニュース

質の良い睡眠をとれないと、体に不調が起こりやすくなる。睡眠不足の人が風邪をひく確率は、休息を十分にとっている人より4倍以上に上昇するという研究結果を、米カリフォルニア大学が発表した。

睡眠時間が6時間の人が風邪をひく確率は4倍以上
 「寝不足になると、怒りやすくなったり、感情をコントロールしにくくなることを多くの人が経験していると思いますが、実験では睡眠障害は身体的な健康に、基本的な悪影響をもたらすことが明らかになりました」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のアリック プレイザー氏(精神医学)は言う。
 研究チームは、日常での睡眠習慣と健康障害との関連を調べるために、164人のボランティアに参加してもらい実験を行った。結果は医学誌「スリープ」に発表された。

 研究チームはまず、ストレスの状況や、アルコールや喫煙などの生活スタイルを把握するために、参加者に2ヵ月間の健康診断を受けてもらい、質問票に回答してもらった。参加者に実験開始前の1週間、センサー測定器を着用してもらい、習慣的な睡眠について測定した。

 研究チームは次に、参加者にピッツバーグにあるホテルに滞在してもらい、ホテルに到着した時点で風邪ウイルスを点鼻剤で投与する実験を行った。ウイルスが定着したかどうかを確認するために粘液サンプルを毎日採取して、1週間にわたりモニターした。

 その結果、実験開始までの1週間で、睡眠時間が7時間以上だった人に比べ、6時間未満だった人は、風邪にかかる確率が4.2倍高いことが判明した。睡眠時間が5時間未満の人は、風邪にかかる確率は4.5倍に上昇した。

保健指導では質の良い睡眠にも注目
 プレイザー氏らは過去の研究で、睡眠時間が短いと予防接種の効果が薄くなることや、睡眠障害や運動不足、ストレスが多い生活が、自律神経に乱れを生じさせ、ヘルパーT細胞などの免疫システムに不調をもたらすことを確かめている。
 「風邪のひきやすさに関連しているのは、年齢やストレスレベル、人種、教育、所得、喫煙習慣などの要素ではないことが分かりました。解析した結果、統計的にもっとも重要なのは睡眠であることが明らかになりました」と、プレイザー氏は言う。

 睡眠時間の不足や睡眠の質の悪化は、生活習慣病のリスクにつながることは、過去の研究でも示されている。睡眠障害は自動車事故、産業災害、医療ミスなどの増加とも関連している。

 「睡眠は、食事や運動などの生活スタイルと同じように、保健指導の重要な要素であることは明らかです。実際の医療現場では、睡眠が重要であることを患者に教えるのは難しいと実感している指導者が少なくありません」と、プレイザー氏は指摘している。

 実際に睡眠の悩みをもっている人は多い。米睡眠財団の2013年の調査によると、米国人の5人に1人は、勤務日の夜の平均睡眠時間が6時間以下だという。

 「現代生活では忙しいことが尊重されており、睡眠時間を削って仕事に励むことが美徳のように思わている傾向があります。家では休養をとり、十分な睡眠をとることが必要であることを、今後の研究を示していく必要があります」と、プレイザー氏は述べている。

Sleep deprived? Expect to get sick too(カリフォルニア大学 2015年8月31日)

© CopyLight 2009 - 2017 Hlb.coop All Rights Reserved.

このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度 組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました。